GPSサイクルコンピューター
SGX-CA600 使いこなしガイド

走行姿勢のエアロ効果を見てみよう

2019年12月13日

SGX-CA600とパワーメーター、Appを使って、走行中のエアロ効果を判定する「バーチャルCdA」機能をご紹介します

SGX-CA600とパワーメーター、Appを使って、走行中のエアロ効果を判定する「バーチャルCdA」機能をご紹介します。

 

バーチャルCdA

フォームやドラフティングなどのエアロ効果の目安がわかります。

CdAとは空気抵抗を表す数値です。

(Cd:空気抵抗係数、A:前面投影面積)

 

仕組み

以下の走行中のデータを使い想定される空気抵抗係数を計算します。

 

※CdA機能を使うには、パワーメーターが必要です。

GPSによるスピード、地形情報、パワーメーターのパワー情報、設定した数値情報、Appの風速情報から、想定される空気抵抗係数を計算します

 

設定

GPS機能を使って計測

設定不要。GPSがオンになっていればOK

設定不要。GPSがオンになっていればOK

 

GPSを有効にし、GPSスピードを使用

GPSを有効にし、GPSスピードを使用

※スピードセンサーが優先されます。

 

パワーメーター

ペダリングモニターまたはANT+パワーメーターを接続します

ペダリングモニターまたはANT+パワーメーターを接続します。

 

バイク/センサー/センサー追加

バイク/センサー/センサー追加

 

数値入力

ロードバイクの標準的な数値が初期設定されています。数値をいじらずそのままお使いいただけます

ロードバイクの標準的な数値が初期設定されています。数値をいじらずそのままお使いいただけます。

 

数値設定

数値設定

 

体重設定

体重設定

設定/ユーザー設定

 

Appが取得

1時間に1度AppからSGX-CA600に送信

1時間に1度AppからSGX-CA600に送信

 

Appと通信しないときは、入力値を維持

Appと通信しないときは、入力値を維持

 

ダウンロード用PDF資料

走行姿勢のエアロ効果を見てみよう

Tweet
ページの先頭へ