GPSサイクルコンピューター
SGX-CA600 使いこなしガイド

山岳等級を見てみよう

2019年12月6日

SGX-CA600は設定したコースデータから麓(ふもと)と山頂を自動検出し、山岳等級を表示します

SGX-CA600は設定したコースデータから麓(ふもと)と山頂を自動検出し、山岳等級を表示します。

 

山岳等級とは

麓(ふもと)から山頂までの標高差を等級で表したものが山岳等級です。

コースを設定すると自動的に以下の区分で表示されます。

麓(ふもと)から山頂までの標高差を等級で表したものが山岳等級です

 

山岳等級の目安

 

使い方

コースを設定

コースを設定

 

山岳等級情報が表示される

山岳等級情報が表示される

 

ナビゲーション開始

ナビゲーション開始

 

画面に山岳等級が表示される

画面に山岳等級が表示される

 

自動キューポイント

コースを設定すると、山頂、麓(ふもと)、右左折地点などのキューポイントを自動で検出します。これを自動キューポイント機能と言います。

右左折情報を持っていないコースデータでも、SGX-CA600に取り込みナビを設定すると右左折情報などのキューポイントが画面に表示されます。

右左折情報を持っていないコースデータでも、SGX-CA600に取り込みナビを設定すると右左折情報などのキューポイントが画面に表示されます

 

ダウンロード用PDF資料

山岳等級を見てみよう

Tweet
ページの先頭へ