GPSサイクルコンピューター
SGX-CA600 使いこなしガイド

バーチャルパワーを使ってみよう

2019年11月22日

SGX-CA600のバーチャルパワー機能を使うと、パワーメーターがなくてもおよそのパワーがわかります

SGX-CA600のバーチャルパワー機能を使うと、パワーメーターがなくてもおよそのパワーがわかります。

 

バーチャルパワーとは?

サイクルコンピューターの取得情報・設定情報から仮想のパワーを算出します。

パワーメーターがなくてもおよそのパワーを表示したり記録することができます。

 

これらの情報からパワーを算出

これらの情報からパワーを算出

 

バーチャルパワー利用時は、「V」を表示

バーチャルパワー利用時は、「V」を表示

パワーメーター利用時はパワーメーターのパワーを表示します。

 

設定

GPS機能を使って計測

GPSがオンになっていればOK

設定不要。GPSがオンになっていればOK

 

GPSを有効にし、GPSスピードを使用

GPSを有効にし、GPSスピードを使用

※スピードセンサー利用時はスピードセンサーを優先

 

数値入力

ロードバイクの標準的な数値が初期設定されています

ロードバイクの標準的な数値が初期設定されています。

数値はいじらなくてもそのままお使いいただけます。

 

各数値は変更が可能

各数値は変更が可能

 

CdA
 0.35:一般的なロードバイク乗車時の姿勢を想定

転がり抵抗係数
 0.004:路面状況:アスファルト タイヤの幅:25C(mm)を想定

 

「設定/ユーザー設定」から体重を設定

「設定/ユーザー設定」から体重を設定

 

Appが取得

風情報は、1時間に1度AppからSGX-CA600に送信

風情報は、1時間に1度AppからSGX-CA600に送信

 

Appからの取得は、風情報取得を「ON」

Appからの取得は、風情報取得を「ON」

 

Appと通信しないときは、入力値を維持

Appと通信しないときは、入力値を維持

 

ダウンロード用PDF資料

バーチャルパワーを使ってみよう

Tweet
ページの先頭へ