GPSサイクルコンピューター
SGX-CA600 使いこなしガイド

Zwiftの接続で困ったら

2020年1月10日

パワーメーターとZwiftの接続で困った場合の事例と解決方法をご紹介します

パワーメーターとZwiftの接続で困った場合の事例と解決方法をご紹介します。

 

パワーセンサーの「0W」表示はマグネットで解決

手軽に使い始められることを念頭に置いたパワーセンサーは、ペダリングモニターセンサーで使用されるマグネットの取り付けを省略し、独自のアルゴリズムでクランクの回転を検出しています。

アルゴリズム上、瞬間的に回転の検出をしないことが稀にあり、その結果パワーが0Wと表示されることがあります。

パワーセンサー SGY-PW510A

パワーセンサー SGY-PW510A

 

この症状を回避させるには

ペダリングモニター用のマグネット 「SGY-MG910P」 をご使用ください。

マグネットを使用することで確実に回転を検出し、パワーを安定化させることができます。

マグネット SGY-MG910P

マグネット SGY-MG910P

 

※特殊マグネットの為、貼り付け方向があります。正しく機能するよう方向をご確認ください。

 

マグネットの取付

マグネットの取付

 

Bluetoothパワーと接続

(1)SGX-CA600の「Bluetoothパワー」と接続

SGX-CA600の「Bluetoothパワー」と接続

 

Zwiftの設定

パワーメーターをクリックしSGX-CA600とペアリング

パワーメーターをクリックしSGX-CA600とペアリング

 

SGX-CA600との接続は「P-****」というデバイスを選択

SGX-CA600との接続は「P-****」というデバイスを選択

 

(2)ペダリングモニターセンサーのBluetoothパワーと接続(要パワーメーターモード)

ペダリングモニターセンサーのBluetoothパワーと接続(要パワーメーターモード)

 

Zwiftの設定

パワーメーターをクリックしSGX-CA600とペアリング

パワーメーターをクリックしSGX-CA600とペアリング

 

「Pioneer_****」を選択

「Pioneer_****」を選択

 

うまく検出されないとき

「Pioneer_****」のパワーが、0Wあるいは表示されないときは、以下の可能性があります。設定をご確認ください。

Tweet
ページの先頭へ