GPSサイクルコンピューター
SGX-CA600 使いこなしガイド

スマートトレーナーを使いこなそう(トレーニング編)

2019年10月25日

SGX-CA600はFE-C規格に対応したスマートトレーナーと接続することができます。

SGX-CA600にはトレーニングメニューなどに合わせてスマートトレーナーの重さ(負荷)が自動で変わるトレーニングリンク機能があります。

また、常にパワーを一定にして走行したり、勾配を入力して負荷を変える負荷設定機能があります。

SGX-CA600はFE-C規格に対応したスマートトレーナーと接続することができます

 

接続設定

スマートトレーナーの接続設定

手順1スマートトレーナーの登録

「ANT+スマートトレーナー」として接続します

「ANT+スマートトレーナー」として接続します。

 

「メニュー/バイク/センサー」

「メニュー/バイク/センサー」

 

「ANT+スマートトレーナー」にチェックを入れ「追加」

「ANT+スマートトレーナー」にチェックを入れ「追加」

 

手順2トレーニングメニューなどと自動連動させる

「メニュー/バイク/センサー」を選択

「メニュー/バイク/センサー」を選択

 

「ANT+スマートトレーナー」を選択

「ANT+スマートトレーナー」を選択

 

「トレーニングリンク」にチェックし連動をON

「トレーニングリンク」にチェックし連動をON

 

ここで接続の設定は完了

 

利用モードの設定

トレーニングメニューと連動して使う

トレーニングメニューなどに合わせてスマートトレーナーの重さ(負荷)が自動で変わります。

 

手順 

「メニュー/トレーニング」を選択

「メニュー/トレーニング」を選択

 

「トレーニングメニュー」

「トレーニングメニュー」

 

項目を選択

項目を選択

 

ここではオリジナルメニューから選択

ここではオリジナルメニューから選択

 

「トレーニング開始」

「トレーニング開始」

 

ロギングが開始され、負荷が連動

ロギングが開始され、負荷が連動

 

負荷設定を使う

常にパワーを一定にして走行したり、勾配を入力して負荷を変えることができます。

 

手順 

「ANT+スマートトレーナー」を選択

 

負荷設定

 

負荷設定

 

「負荷タイプ」を押し、3つの項目から選択する。

「負荷タイプ」を押し、3つの項目から選択する

 

1.パワー(パワー一定走行)

設定パワーで走行できるように、ケイデンスに合わせて負荷が連動します

 

設定パワーで走行できるように、ケイデンスに合わせて負荷が連動します

設定パワーで走行できるように、ケイデンスに合わせて負荷が連動します。

 

2.勾配(勾配一定走行)

設定勾配に相当する負荷が加わります

 

設定勾配に相当する負荷が加わります

設定勾配に相当する負荷が加わります。

 

ダウンロード用PDF資料

スマートトレーナーを使いこなそう(トレーニング編)

Tweet
ページの先頭へ