GPSサイクルコンピューター
SGX-CA600 使いこなしガイド

スマートトレーナーを使いこなそう(シミュレーション)

2019年10月18日

SGX-CA600はスマートトレーナーと接続することができます。

SGX-CA600の「シミュレーション」機能を使うと、設定したコースを疑似走行することができます。

SGX-CA600の「シミュレーション」機能を使うと、設定したコースを疑似走行することができます

 

シミュレーション機能

設定したコースデータの勾配情報に合わせてスマートトレーナーの重さが自動で変わります。室内にいながらコース上を疑似走行できます。

FE-C規格に対応したスマートトレーナーでシミュレーション機能をご利用いただけます。

SGX-CA600 + FE-C対応スマートトレーナー

SGX-CA600 + FE-C対応スマートトレーナー

 

スマートトレーナーと接続設定

手順1スマートトレーナーの登録

「ANT+スマートトレーナー」として接続します

「ANT+スマートトレーナー」として接続します。

 

「メニュー/バイク/センサー」

「メニュー/バイク/センサー」

 

「ANT+スマートトレーナー」にチェックを入れ「追加」

「ANT+スマートトレーナー」にチェックを入れ「追加」

 

手順2トレーニングメニューなどと自動連動させる

「メニュー/バイク/センサー」を選択

「メニュー/バイク/センサー」を選択

 

「ANT+スマートトレーナー」を選択

「ANT+スマートトレーナー」を選択

 

「コースリンク」にチェックし連動をON

「コースリンク」にチェックし連動をON

 

ここで接続の設定は完了

 

シミュレーションを使ってみる

手順3コースを選ぶ

「メニュー/コース」を選択

「メニュー/コース」を選択

 

コースを選択

コースを選択

 

「OK」でコース設定完了

「OK」でコース設定完了

 

手順4シミュレーションを開始

「シミュレーション開始」でスタート

「シミュレーション開始」でスタート

 

自動的にロギングも開始

自動的にロギングも開始

 

手順5走行場所のスキップが可能

「シミュレーションプレーヤー」を選択

「シミュレーションプレーヤー」を選択

 

走行したい位置に合わせて、「戻る」を長押し

左右矢印を押すとスキップが可能

「戻る」を長押しで元の画面へ

 

合わせた場所までスキップできます

スキップした位置から走行できます。

 

ダウンロード用PDF資料

スマートトレーナーを使いこなそう(シミュレーション)

Tweet
ページの先頭へ