GPSサイクルコンピューター
SGX-CA600 使いこなしガイド

パワーがわかると何が良い?

2019年11月8日

パワーがわかると何が良い?

 

パワーメーターのパワーとは何でしょう?

パワーとは、1秒間あたりに出しているエネルギーの大きさのことです。

自転車の場合は、クランクを「回す力」と「回転数」で決まります。

ここではパワーの活用についてご紹介します。

 

パワーがわかると何が良いのでしょうか?

1.運動強度がわかる

運動強度がわかる

走行中に自分が出しているパワーを見ることができます。

パワーメーターでデータを蓄積すると、自分の能力グラフが作られます。

 

2.走行のペース配分に使える

走行のペース配分に使える

パワーの大きさと持続時間には関係があります。走行のペース配分を決めるのにパワー値は有効です。向い風や急勾配でもパワー値でペース配分を決めると長く楽に走れます。

 

「パワーと持続時間」の例

自分の能力を表すMMPグラフ

200Wのパワーなら60分走行できても、500Wまで上げると30秒しか持続できないことがわかります。

パワーメーターでデータを蓄積するとCyclo-Sphereでグラフ化されます。

 

3.頑張り度合がわかる

頑張り度合がわかる トレーニング量・休憩の目安

パワー値がわかると正確に運動量TSS ™がわかります。

トレーニング量の管理や走行時の休憩の目安にできます。

 

<疲労回復に必要な時間の目安>

TSS ™:Training Stress ScoreはTrainingPeaks LLCの登録商標です。

 

運動量が数値でわかるので、短時間で効率的なトレーニングを

 

数値が増えてきたので、休憩を

 

オーバーワークにならないように今日はこれくらいで

 

SGX-CA600でパワーを表示し記録する

SGX-CA600では、スピードや距離、勾配情報などと併せてパワーを表示することができます。

 

表示例

SGX-CA600では、スピードや距離、勾配情報などと併せてパワーを表示することができます。 表示例

 

ダウンロード用PDF資料

パワーがわかると何が良い?

Tweet
ページの先頭へ