GPSサイクルコンピュータ
SGX-CA600 使いこなしガイド

コースを作ってみよう(スマホ編)

2019年6月28日

SGX-CA600で走行コースを設定すると、コースのナビゲーション、右左折ポイントの案内や高低差を表すコースプロファイルを表示できます。

ここでは、スマートフォンでのコースの作成と転送をご紹介します。

(EasyRoute、ルートラボ)

 

SGX-CA600で走行コースを設定すると、コースのナビゲーション、右左折ポイントの案内や高低差を表すコースプロファイルを表示できます。ここでは、スマートフォンでのコースの作成と転送をご紹介します。

スマートフォンで作成

スマートフォンで転送

 

スマートフォンで作成 スマートフォンで転送

 

(1)スマートフォンで作成し、スマートフォンで転送する

2つの外部サービスをご紹介します。

 

EasyRoute App (iOS)

EasyRoute App (iOS)

対応OS:iOS

 

手順1スタート

「+」を押して作成スタート

「+」を押して作成スタート

 

「+」を押して作成スタート

 

手順2コース作成

画面をタップしてコースを決める

走行タイプを「BIKE」に設定

画面をタップしてコースを決める。

 

画面をタップしてコースを決める。

 

走行タイプを「BIKE」に設定

 

手順3コース保存

保存するファイル形式を選択

(TCXまたはFITを選択)

保存するファイル形式を選択

 

TCXまたはFITを選択

 

手順4 Control Appに転送

Control Appを選択

Control Appを選択

 

手順5 Control Appにコース登録

コース名を入力して「更新」を押す

コース名を入力

 

「更新」を押す

 

コース名を入力して「更新」を押す

 

手順6 SGX-CA600に転送

Control AppとSGX-CA600が自動的に同期 ⇒ 転送

Control AppとSGX-CA600が自動的に同期 ⇒ 転送

 

完了

 

ルートラボ

対応OS:iOS、Android

 

手順1スタート

Webでルートラボのルートを表示

Webでルートラボのルートを表示

 

「i」をタップ

「i」をタップ

 

手順2 コース保存

TCXファイルを選択

TCXファイルを選択

 

手順3 Control Appに転送

「“Control” で開く」をタップ

「“Control” で開く」をタップ

 

手順4 Control Appにコース登録

コース名を入力して「更新」を押す

コース名を入力

 

「更新」を押す

 

コース名を入力して「更新」を押す

 

手順5 SGX-CA600に転送

Control AppとSGX-CA600が自動的に同期 ⇒ 転送

Control AppとSGX-CA600が自動的に同期 ⇒ 転送

 

完了

 

ダウンロード用PDF資料

コースを作ってみよう

Tweet
ページの先頭へ