GPSサイクルコンピュータ
SGX-CA600 使いこなしガイド

SGX-CA600 ナビゲーション/コース作成と転送(概要編)

2019年6月28日

SGX-CA600にはナビゲーション機能があります。走行コースを設定するとコースのナビゲーション、右左折ポイントの案内や高低差を表すコースプロファイルを表示できます。

SGX-CA600にはナビゲーション機能があります。走行コースを設定するとコースのナビゲーションや右左折ポイントの案内や高低差を表すコースプロファイルを表示できます。

 

コース作成と転送手順

SGX-CA600のナビゲーション機能を利用するには、予めコースデータを本体に転送しておく必要があります。

コースデータの作成方法と転送方法には、次の方法があります。

SGX-CA600のナビゲーション機能を利用するには、予めコースデータを本体に転送しておく必要があります。コースデータの作成方法と転送方法には、次の方法があります。

 

スマートフォン経由 USB接続

 

作成ツールと転送ツール

コースデータの作成と転送方法によって、SGX-CA600に表示される右左折ポイント(キューシート)が表示されません。

コースデータの作成と転送方法によって、SGX-CA600に表示される右左折ポイント(キューシート)が表示されません。

対応ファイル形式:

TCX形式、FIT形。

 

コースプロファイル(標高)

コースプロファイル(標高)

 

右左折ポイント(キューシート)

右左折ポイント(キューシート)

 

※ 予告なく仕様が変更となる場合があります。
※ 詳細については、各サービス内容をご確認ください。
※ コースの転送には、事前に対応サービスのアカウント取得及びCyclo-Sphere Control Appの連携設定が必要です(Strava、Ride with GPS)。

 

手順へのリンク

(1)スマートフォンで作成し、スマートフォンで転送

(1)スマートフォンで作成し、スマートフォンで転送

 

(2)PCで作成し、スマートフォンで転送

(2)PCで作成し、スマートフォンで転送

 

(3)PCで作成し、PCで転送

(3)PCで作成し、PCで転送

 

ダウンロード用PDF資料

コースを作ってみよう

Tweet
ページの先頭へ